So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

ビジネスも恋愛も同じ [恋愛とビジネス]

こんにちは、MATSUです。




僕は結構女の子にモテる方です。




というか勝手にあっちがくっついて来るパターンが多いので、
嫌じゃなければくっついて付き合ったりしてます。





ただの自慢です。





bd39b4c415852b4bd3c4b3b964183cbe.jpeg









すいません。







ここで言いたいのは、モテるっていうのは女の子に対してだけ
当てはまるのか?という事。





たまにいます、こういう人

「俺、男ばっかり集まってくるんだよな~」




何故か理由はわからないのに男ばかり寄ってくるというパターンです。



これは、単に男くさいと言いますが、様々な理由があります。








・女の子の需要を満たしていない

・女の子を一方的に求めすぎ

・自分に自信がない


こんな感じでしょうか。










女の子にモテるには、すごく良い方法があります。


それは

「女の子に興味を持たない」

という事。








??な感じなので、もう少し詳しく言います。


女の子に対して

「あ~この人私の事好きなんだろうな~」

と完全に悟られないようにするって事です。









これを悟られると、大体うまくいかなくなります。


女の子側に

「ちょっと好き」

くらいの感情があれば別ですが。







でも、そんな事ってよほどイケメンでもない限り、
初対面では中々ありませんよね。








じゃあ、どうするの?








それは



「あなたの売りは何か?」

を考えてみましょう。






仮にあなたを商品だと考えてみましょう。

あなたの売りは何ですか?

・優しさ?
・運動神経?
・雑学?
・人脈?
・男らしさ?
・話し上手?
・センスの良さ?


色々あると思います。







そして、あなたの長所を考えた上でもう一度女の子にそれを
売る方法を考えてみましょう。





優しさを初対面で全部伝えることが出来ますか?







おそらく無理ですよね(笑)



そう、無理なんです。







これが顔とかなら良いんですよ、一発で伝えられる武器を
持っているから。



でも、優しさって徐々に伝わっていくものだし、
無理やり伝えても痛い奴としか思われないでしょ?




だから、徐々に優しさを伝えていくんです。


そして、

「自分が会いたい」と思うのではなく

「自分に会いたい」思わせるにはどうしたら良いかを全力で考えてください。






なので、

「自分という商品を売るにはどういう戦略が良いか?」

を考えていきます。





相手の立場に徹底的に立って、自分がされたらどう思うか?
を徹底的に考えていくんですね。






これはほぼビジネスと一緒ですよね。






しかも、恋愛にも

「感情的思考による好感度」と 「論理的思考による信頼」





が存在します。







「論理的思考」はあなたのステータスやメリットを考える思考です。


・顔
・ファッション
・年収
・人脈
・髪型
・性的魅力
・仕事


などの誰もがすぐに理解出来る表面的な部分ですね。







そして、

「感情的思考」

というのは、メリット関係なしに「あなたの事が好き!」と
問答無用に思ってしまうような思考の事です。



・優しい
・頼りになる
・気が合う
・趣味が合う
・一緒にいて落ち着く
・なんとなく好み
・意味がわからないくらい好き
・会わないとすぐ不安になる

とかですね。



まあ、感情の部分に訴えかける好感です。





いわゆる

「好きすぎてどうしようもない」

状態にさせるのが、この感情的思考のほうなんですね。

これはメリットで攻め立てるよりもよほど効果的です。




なので、

「論理的思考」

「感情的思考」

をうまく使いこなせば、簡単に彼女も出来るし
付き合ってもうまくいくと思います。






これ、ほとんどビジネスと一緒ですね(笑)






なんか、ビジネスというと人間性という部分から
ついかけ離れてしまうことがあります。



でもビジネスをするのも人間ですし、商品を買うのも人間です。



だから、

・売りたいから買ってください!

ではなく

・どうしてもあなたから買いたいから売ってください!
言わせる必要があるという事ですね。




恋愛で言うなら

・どうしても会いたいから俺に会ってくれ!

ではなく

・あなたにどうしても会いたいから会ってください!

と思わせる事は、相手の為にもなるということです。






またもビジネスと全く一緒(笑)





そして、見合った価値を相手に提供することが出来れば
最高ですね。




そして、せっかく商品を売ってお金を儲けたのですから、
それを更なる価値提供に回しましょう。





ビジネスは心と心ですから、常に相手を満足させられるように
相手の立場に立って考えていきましょう。



彩色心形钥匙扣+(HKC02).jpg





無料でスカイプコンサルしているので
良かったらいつでも連絡下さい!

悩みは閉じ込めずに全て吐き出しましょう。
ご連絡お待ちしています(^^)

スカイプID:matsu_affiliate01

メール:matsu_affiliate01@yahoo.co.jp

twitter:https://twitter.com/matsu0_100
facebook:https://www.facebook.com/bboy.MATSU

メルマガの利点 [メルマガ]

こんにちは、MATSUです。



最近、メルぞうで無料レポート(無料で学べるビジネスの教科書みたいなもの)を読んでいるのですが、
たまに良いレポートが見つかりますね。



ただ、強制的にメルマガに登録させたれるのでうっとおしいです(笑)




読みたくもないメルマガなんて誰も読まないし、
絶対に商材なんて買いませんしね。




やはり、ブログを読んだり、直接話して得るものがないと
メルマガなんて一切読む気になりません。




ですが、これをうまく使えばあっという間に自分のファンを作ることが
出来るのも事実です。



という事で、今回はメルマガの利点をお話ししたいと思います。




email.png






まずは、メルマガでどういった事が出来るのか?についてです。



メルマガは、

1.自分の世界観を見せ

3.価値ある情報を与え、教育し

3.ファンを増やして

4.商材を買ってもらう



為のツールです。






あ、1.2.3.4.の順番に並んでいるのを見て何か気づきましたか?





はい、これは何かと言うと


「重要度の高い順から並べています」



まず、最初に

「自分の世界観をみせる」

ですね。





メルマガの読者というのは、いくら稼いだとかそういう事実だけではなく

「あなたがどんな人間か」

を知りたいんです。


つまり

稼いでいるという事実による「論理的思考による納得」

も欲しいし、

あなたの事が好き、という「感情的思考による納得」

も欲しいのです。





だから、

「僕はこんなにお金を稼ぎました。あなたにもこの稼ぎ方を教えます」


というような言い方をした場合(そういう言い方しかしない)、それは

「あなたがお金を稼いでいる」

という実績にのみついてきています。



これでも良いのですが、この場合あなたが稼げなくなったら
すぐに周りの人間は消えていくでしょう。


何故なら、

「あなたの実績にのみついてきている人間」

だからです。



じゃあ、

「感情的思考においてあなたの事を好きになった人達」

はどうか?



これは、実績に関係なくあなたの人間性や世界観に惹かれている人達ですから
ちょっとやそっとじゃ離れることはないでしょう。


何故なら、教育による信頼があるからです。


これが先ほど説明した「2.」の所ですね。


顧客の信頼を得る為に、価値ある情報を与え、教育していくのです。



そして、多大なる価値を与え、
自分の世界観や人間性を理解してついてきてくれる人は
ちょっとやそっとじゃ離れません。


いざという時こそ助けてくれる存在になるのです。



だから、お金は大切ですが、まずは「稼ぎました!」だけでなく、


「あなたの指導で人生が変わりました!」


と言われるように、自分の価値と教育力を上げていってください。



間違いなく僕なら
「ただお金を稼ぐ」

よりも
「感謝される」

方がうれしいですからね。




そしてこれをする(価値を与えられるステップメールを書く)ことで自動的に

3.ファンを増やすことが出来る


つまり、メルマガの文章をあらかじめ作っておいて自動配信されるように
設定するという事です。



これをすれば、どんどんあなたのファンを自動で増やしていく事が出来ます。




そして

4.商材を売る

ですね。



違う記事でも説明しましたが、
教育が完了していればもう売るのは簡単です。


「欲しいものを相手の目の前に置く」


それだけです。



つまり、「売る」というのは一番重要ではないという事です。



それよりも相手に立場に立ち、何が必要なのかを考え
それを先読みして提供するというのが大事なんです。




売れない人は、まず売ることを考えます。

でも教育なくして売ることは出来ませんよね?



だから、ある一定以上の知識レベルに達してもらう為に
ステップメールが重要になってくるのです。


価値提供.jpg






無料でスカイプコンサルしているので
いつでも連絡下さい!

悩みは閉じ込めずに全て吐き出しましょう。
ご連絡お待ちしています(^^)

スカイプID:matsu_affiliate01

メール:matsu_affiliate01@yahoo.co.jp

twitter:https://twitter.com/matsu0_100
facebook:https://www.facebook.com/bboy.MATSU

小手先の心理テクニックを見抜いて下さい [行動心理学]

こんにちは、MATSUです。





僕は心理学を結構知ってる方で、セールスレターを見たら
どういうテクニックを使ってて、どこで心が揺さぶられるかを知っているので
大体危ない商材も見分けられます。




というか世の中に売りたい商材ってほぼないです(笑)



何故なら、その人に合った商材って直にお話をしないと見えてこないですから。




だから、小手先の心理テクニックにハマってしまっている人を見ると
悲しくなるわけです。



「こんなレベルの商材の内容だった簡単に作れるのに・・・」


と思う訳です。





なので、騙されないように心理学の基本を紹介しておきます。


かと言って全部説明すると頭に入らないと思うので、
簡単に使える心理技術を紹介しておきます。




 ・返報性の心理(何かをもらうと、返したくなる心理)
    例 コンビニで立読みをした後、このまま出るのは何か悪いなと思って何か買う。

これは心理学ではかなりメジャーですよね。
良く、

「メルマガを登録してもらうとプレゼントがあります!」

とかもそうですね。
ただ、これは与えすぎて相手に負担を掛けると逆効果になる場合があります。
   
彼女に対して望んでもいないのに過剰に高額なプレゼントを与えてしまうと、それが重荷になって
耐えられなくなる場合があります。

なので、返報性の心理は相手の立場に立ったうえで、負担を掛けない程度に使ってくださいね。




 ・単純接触効果(繰り返し接触すると、印象が高まる効果)
    例 次はこの日空いてる?予定が合うならまた会おうよ。



これは、単純に何回も会えば親しみが湧いてくるというものです。

全米屈指の説得のエキスパートであるディブ・ラクハニも、相手と親しくなるには
最低でも7回は接触する必要があると述べています。



恋愛の場合もそうですね。

いきなり付き合うとかではなく、ついで程度に会うところから始まり、
とりあえず会う回数を増やして習慣化する事が大切だと思います。






 ・ミラーリング(興味がある人を真似る)
    例 相手が今行っていることに対して「それ、私もよくやってます!などの似ている部分を見つける」

人は共通部分を見つけると共感を得ます。
その共感を得る為に共通点を見つけて親しくなっていくという事ですね。




 ・パーナム効果(誰にでもあてはまることを言って、それが正確な内容だと思わせる。)

    例 占い師が「あなたは今、重大な決断に迫られていますね?」等と言って、まるで分っているかのような発言をする。


こんなの大体言えば当たる、みたいな内容で良いんです(笑)

「あなたこれがわからなくて悩んでるんでしょ?」→実は大体の人が知らない内容

みたいな感じですね。






 ・ドアインザフェイス(最初に大きな条件をだし、その後に小さな条件を飲ませる)
   例 な、何と、40万円の商材が本日お申込みいただければ¥29800になります!!みたいな


これは最初から¥29800で売る予定の商品なのに、
始めに高額を見せてから値下げをして手が届きやすい存在だと思わせているんですね。


こういうの見たら、

「あ~またやってるな~」


とでも思っておいてください(笑)


小手先のテクニックなので。




 ・フットインザドア(小さな要求から、大きな要求へと段階的に大きくしていく)
   例 まずは無料で教えますよ→商材や塾のセールス


これはよくつかわれるパターンですね。

まず、

1.知識を付けてもらうために無料コンサルをする。

2.環境を与える為に商材を買ってもらう


て感じです。





言ってみれば、顧客の成長を願い、売るべきタイミングを見計らって売る、
といった感じですね。





しかし、心理学というのはあくまでその人のライフスタイルを満足いくものに
するために使われるもので、その人を操作する為にあるものではないです。



なので、

「なんで、こんな物買ったんだろう?」

等とは決して思わせないでください。







絶対に、

「何で今までこれを買わなかったんだろう!」

と言わせましょう。



お互いに満足いくように、価値提供してあげるのが心理技術の
良い使い方だと思っています。












前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。